<< 日本の歴史と宗教 | main | 君が代神経症について >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Posted by スポンサードリンク
  • at
  • -
  • -
  • -

WBC 優勝に水を差す人々

その1
お隣韓国。
散々既出なので、何も言う事は無い。

その2
TBS。
WBCに隠れて反日番組をやっていたそうだが、
「いつも通りじゃないか」とも思う。

偏向報道に対する抗議運動を始めたらしい。
興味のある方はNews23 偏向報道に対する抗議運動のまとめへどうぞ。

その3
一番水を差しているのはこれ↓

"WBCのWはworldという航空会社。
単に企業名が付いているだけで、世界という意味じゃない。"
と、ラジオで聞いたのを真に受けて、言葉がどーの先入観がどーのと
語ってらっしゃる人がいるようだが、
デマをあっさり信じて疑わない方から、教わる事は何も無い。

まず断言しておくが、WBCのWは間違いなく「世界のワールド」だ。

何をどう勘違いしているのかを以下に解説しておく。

企業名だとされている大会は、MLBのワールドシリーズ。
これも俗説として言われているもので、
「New York World」又は「the world」という新聞社の名前じゃないかという説だが、
根拠が無く、信憑性は薄い。
「アメリカの野球は世界一に決まってる」
といった自尊心から名付けられたと考える方が自然だろう。
航空会社がどこから出てきたのか知らないが、上記で書いた通り、デマだ。

ちなみに"world"の付く航空会社は存在する。
「World Air Holdings」が「World Airways」と「North American Airlines」
という航空会社を運営している。
もちろん、WBCとは無関係だ。

あ、そうだ。
どうしても「Wは世界の意味じゃない」という根拠をゲットしたいなら、
すんごい所を知っているから、教えてあげよう。
聞くところによると、あらゆる謎を調査・解明するために組織された調査機関らしいぞ。
連絡してみたらどうだ?

ここがその調査機関だっ!



スポンサーサイト

  • Posted by スポンサードリンク
  • at 04:30
  • -
  • -
  • -
Comments
Post a Comment









Trackback URL
Trackback