<< マスコミはやっぱり「マスゴミ」 | main | 卒煙(禁煙)始めました >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Posted by スポンサードリンク
  • at
  • -
  • -
  • -

日本は「多民族国家」で「単一民族国家」

【 はじめに 】
「単一民族国家」という表現は少数民族の方の存在を無視しているのではないか、という意見もあるでしょう。
「日本人は単一民族」と表現する人は国内外問わず結構多い。
単に割合の問題で、多民族国家との対比として使用される事が多く、発言者に差別意識があるわけではない。
が、しかし、この「単一民族」とはいったい何を基準にしているのだろうか。

【 日本のアバウトさ 】
日本という国は様々な文化が入り乱れているのですが、その成り立ちはかなり"アバウト"です。

そもそも"日本"の読み自体が正式にどう読むのか明確にされていませんし。
文献に記されているだけでも、にほん・にっぽん・じっぽん・ひのもと等、バラバラです。
(じっぽんはジパング・ジャパンの由来のようです)
結局、長い間「やまと」と呼ばれていたし、にっぽん(NIPPON)に統一させようとしても誰も従わないしで今日に至っています。

国歌はイギリスから「あった方が良いよ」と言われて作る始末。
その歌詞も大山巌の「マイフェイバリットソング集」の中から採用。

最近様々な問題が浮き彫りになっている大相撲は、歴史は古いのに明治時代にやっと国技であるとされました。
それまでは今のプロレス団体に近い形で巡業していました。

日本のアバウトさを最も象徴しているのは"神道"かと思います。
なにせ宗教なのに経典すらありません。
以前のエントリーでも書きましたが、神道とは言うなれば器のような存在です。
各地の信仰や文化を潰すのではなく、同じ神道の一部であるとして受け入れる事で、地方豪族達を納得させていったわけです。

【 日本は多民族国家? 】
日本が"統一された国家"となった時期は正確には分かっていませんが、上記のような形でまとまり、いつしか総じて大和民族と呼ばれるようになりました。
現在は日本民族と呼ばれます。

ですが、これはおかしな話です。
各地の豪族達(隼人・蝦夷等)は独自の文化、独自の信仰、独自の言葉(方言)を持っていました。
1つの国家となっても民族は民族。
普通に考えると日本は「多民族国家」のはずなのです。

【 日本人は単一民族? 】
近年、DNA研究の進歩により沖縄、大和、アイヌ民族の遺伝子はほぼ同じである事が判明しています。
これを以って「単一民族」だと言う人もいます。
しかし、それは同人種であって同民族ではありません。

ただ単純に"肌の色が一緒だから"と考えている人もいるようですが、これは言うまでもなく論外です。
でもこれ、結構多いんじゃないでしょうかね。

日本人は昔から異国の来訪者をおもてなしするのが当たり前でした。
海外の文献にも散見されるように「日本人は礼儀を重んじ、親切」であるようです。
しかし逆に考えれば「外国人=お客様」であり「いずれは日本を去っていく人達」だと思っていて、滞在中は気分良く過ごしてもらおうとしたからではないでしょうか。

中国等(アジア)からの渡来人とは交流があり、そのまま帰化する事も珍しくなかったのですが、欧米人との交流の歴史はまだ浅く「商売しに来た」「旅行に来た」とは思っても永住して帰化するという発想は少なかったのでしょう。

ちなみに「欧米」と聞いて不快に感じられる外国人の方もいるようです。
ヨーロッパ・アメリカ → 西洋 → アジア以外
このアバウトな括り方は各地域の文化や国家を軽んじている、という事らしいです。

【 まとめると・・・ 】
大和王朝時代から日本が統一されるまでの間、
各地の豪族(民族)達と時には戦い、話し合い、併合していきました。
各地の豪族出身者が国の要職に就く事も多く、身分と土地を保障する事で一定の評価を得ることに成功したのではないかと思います。
土地を保障するという事は、これまでの民俗信仰・文化・その土地での権力を維持しても良いという事です。

しかしこの結果、各地方に権力(国家)を認める事にもなったので
明治維新に至るまでの間、度々覇権争いが勃発する原因にもなりました。

この制度は現在にも存在しています。
国際連合です。
日本は大和王朝時代に"大和連合政府"を成立させ、参加した豪族(民族)を連合国とし、
連合政権を拡大させていったわけです。

国連だけでは戦争が無くならない事を日本はとっくに証明していたという、ね。

各地の豪族達は1つの国となった事で、これまでよりも活発に異文化交流や共通認識を強めていき、いつしか1つの民族(大和民族)を名乗るようになっていったのではないでしょうか。

「多民族による連合単一民族国家」といった所でしょうか。

日本は多民族国家ともいえるし、単一民族国家ともいえる。
そういうアバウトな国で、そのアバウトさが日本の良さと言えるのではないか。
という話でした。


今回、アイヌ・ウィルタ民族についての話も書こうと思ったのですが、長くなりましたのでまたの機会にしたいと思います。

JUGEMテーマ:歴史


スポンサーサイト

  • Posted by スポンサードリンク
  • at 11:38
  • -
  • -
  • -
Comments
Post a Comment









Trackback URL
Trackback